Hoochie Coochie Man(本館)

1960〜70年代のロック・フォーク・ポップス

キャプテン・ビヨンド

サフィシエントリー・ブレスレス/キャプテン・ビヨンド


Sufficiently Breathless

キャプテン・ビヨンドの2ndアルバム。邦題「衝撃の極地」。発表当時からこのアルバムはボロクソに言われてきた。1曲目から爽やかなアコースティック・ギターが聴こえてきて、1stのハード・ロックが更にエスカレートするだろうと期待していたファンにとっては全く「衝撃の極地」だったのだ。続きを読む

キャプテン・ビヨンド


Captain Beyond

キャプテン・ビヨンドは元アイアン・バタフライのラリー・リノ・ラインハルト(ギター)とリー・ドーマン(ベース)、元ジョニー・ウインター・アンドのボビー・コールドウェル(ドラム)、元ディープ・パープルのロッド・エヴァンス(ヴォーカル)の4人で結成された「スーパーグループ」。続きを読む
記事検索
トミー・ボーリン基本盤(1)
最新コメント
livedoor プロフィール
Hoochie Coochie Man
トンキチ
★好きなギタリスト
トミー・ボーリン、ポール・コゾフ、ピーター・グリーン、キム・シモンズ、レスリー・ウェスト、ロッド・プライス、エイプリル・ロートン、スナッフィ、ジェフ・ベック、石間秀樹、竹田和夫 etc
★好きなヴォーカリスト
ポール・ロジャース、スティーヴ・マリオット、ヴァン・モリソン、フランキー・ミラー、バートン・カミングス etc
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ