Hoochie Coochie Man(本館)

1960〜70年代のロック・フォーク・ポップス

イギー・ポップ

ロウ・パワー/イギー&ザ・ストゥージス


Raw Power (Rmst)

2ndアルバム「ファンハウス」を発表後、ザ・ストゥージスはドラッグに溺れてエレクトラから解雇され解散状態となるが、72年イギーはデビッド・ボウィと出会い、彼の助力によってCBSと契約し復活することになる。そして73年イギー・ポップの代表作となる「ロウ・パワー」がリリースされた。ボウィはミックスを担当。マネージメントも彼のメインマン・プロダクションが行っているので、他にも様々なバックアップをしたと思われる。あまりにもカッコイイジャケット写真はミック・ロックによるもの。ちなみにこのアルバムの邦題は「淫力魔人」(なんだそりゃ!)


続きを読む

凶暴になりそうな夜

stooges













酒を飲んでイギーを聴く。大音量じゃなきゃダメだ。
くそったれの世の中にイギーがいるだけで感動する。
記事検索
トミー・ボーリン基本盤(1)
最新コメント
livedoor プロフィール
Hoochie Coochie Man
トンキチ
★好きなギタリスト
トミー・ボーリン、ポール・コゾフ、ピーター・グリーン、キム・シモンズ、レスリー・ウェスト、ロッド・プライス、エイプリル・ロートン、スナッフィ、ジェフ・ベック、石間秀樹、竹田和夫 etc
★好きなヴォーカリスト
ポール・ロジャース、スティーヴ・マリオット、ヴァン・モリソン、フランキー・ミラー、バートン・カミングス etc
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ