Jackson Browne

ジャクソン・ブラウンは70年代リアルタイムではあまり聴いていなかった。80年代になってウェストコースト・サウンドを遡って聴くようになってから、遅まきながら魅力が分かってきた。メロディも声も歌いまわしも、もちろん詞も、それから顔つきも、青年ぽく内省的な感じ。特にこの1stアルバム「ジャクソン・ブラウン」当時はまだ24歳、思い切り青臭く内省的だ。
どの曲もいいが、1).Jamaica Say You Will、4).Doctor My Eyesは特にお気に入り。2).A Child in These Hillsと7).Under the Falling Skyではアルバート・リー、4).Doctor My Eyesではジェシ・エド・デイビス、2人の名手の切れ味のいいギターが聴けるのもこのアルバムの楽しみの一つだ

Jackson Browne

●曲目
1).Jamaica Say You Will
2).A Child in These Hills
3).Song for Adam
4).Doctor My Eyes
5).From Silver Lake
6).Something Fine
7).Under the Falling Sky
8).Looking into You
9).Rock Me on the Water
10).My Opening Farewell
(全曲Jackson Browne作)
●パーソネル
Jackson Browne:voc.,A.guit.,piano
Russell Kunkel:drums
Leland Sklar:bass
Clarence White:A.guit.
Craig Doerge:piano
David Jackson:piano
Albert Lee:E.guit.
Jesse Davis:E.guit.
Jim Gordon:organ
Sneaky Pete:pedal steel
Jim Fadden:mouth harp
David Campbell:viola
Leah Kunkel,David Crosby:back voc.
●プロデュース Richard Sanford Orshoff
●リリース 1972年