Down the Old Plank Road: Nashville Sessions

アイリッシュ・トラッド・ミュージックの重鎮チーフタンズのDVDを見る。チーフタンズはヴァン・モリソンの「アイリッシュ・ハートビート」での共演から知ったのだが、映像で見るのは今回初めて。このDVDは、アメリカのブルーグラス、カントリー系のミュージシャンをゲストに、2002年に制作された彼らの結成40周年記念アルバム「ダウン・ジ・オールド・プランク・ロード」の発表にあわせて行われたコンサートを記録したもの。カントリー・ミュージックのメッカ、ナッシュビルで、アルバムのゲスト達を招いてのライブがタップリ2時間楽しめる。
収録当時のメンバーは、パディ・モローニ(イーリアンパイプ、ティンホイッスル)、マット・モロイ(フルート)、ケヴィン・コネフ(ボーラン、ヴォーカル)、ショーン・ケーン(フィドル)、デレク・ベル(ハープ、ピアノ)。デレク・ベルは直後の2002年10月に亡くなっており、DVDは追悼盤になっている。

ブルーグラスやカントリーには全く疎いので、「豪華ゲスト」といわれてもエミルー・ハリスとジョン・ハイアットしか知らないのでどうかなと思ったが、いやすごいすごい!!チーフタンズももちろん素晴らしいが、ゲストやバッキング・ミュージシャン達がまたみんな楽器も歌も舌をまく巧さ!!トラディショナルな音楽の世界はやっぱり奥深い。アパラチア山脈付近に住んだアイルランド系移民の音楽が、「マウンテン・ミュージック」と呼ばれ、アフリカ系の音楽と出会ってカントリー・ミュージックのルーツの一つとなり、さらにブルースと結びついてロックンロールが誕生するわけだが、そういう背景を知らなくても音楽そのものがものすごく楽しい。最後は例のリバー・ダンスの元になったアイリッシュ・ダンスまで見れて、すっかりいい気分になってしまう。

●ゲスト・ミュージシャン(登場順)
ジェフ・ホワイト、バディ&ジュリー・ミラー、ジョン・ハイアット,ジェフ・ホワイト&ティム・オブライエン、アール・スクラッグス、エミルー・ハリス、ジェリー・ダグラス、パティ・グリフィン、リッキー・スキャッグス、ティム・オブライエン、マルティナ・マクブライド、アリソン・クラウス、ギリアン・ウェルチ&デイヴ・ローリングス