スティーヴ・マリオット・メモリアル・コンサート

2001年4月にロンドンで行なわれたスティーヴ・マリオットの没後10年メモリアル・コンサートDVD。スティーヴの悲劇的な死から早くも10年が経過してしまったのか・・・
ハイライトはトリを務めたオールスター・バンドだろう。スモール・フェイセスのイアン・マクレガンとケニー・ジョーンズ、オアシスのノエル・ギャラガーとジェム・アーチャー、そしてジャム/スタイル・カウンシルのポール・ウェラーという豪華キャスト。「ティン・ソルジャー」や「オール・オア・ナッシング」などスモール・フェイセスのレパートリーを聴かせてくれる。
しかしそれ以上に興奮したのはハンブル・パイの登場だ。グレッグ・リドリー、ジェリー・シャーリーに加え、ピーター・フランプトン、デイヴ・クレム・クレムソンが初めてパイとして同じステージに立ったのだ!フランプトンの黒いレスポール、クレムソンのハムバッキング・マイクをつけた白いストラト、2本のギターでの「フォー・デイ・クリープ」のイントロから目も耳も釘付けになる。それから「ナチュラル・ボーン・ブギ」「ハレルヤ・アイ・ラヴ・ハー・ソー」「シャイン・オン」「アイ・ドント・ニード・ノー・ドクター」計5曲のステージ。フロントの3人が交代で歌うのだが、ここにスティーヴの姿が無いことが本当に残念だ。
このDVDにはもう一つサープライズがある。スティーヴの息子トビーが、スティーヴの形見の黄色いギブソン335を持って「30デイズ・イン・ザ・ホール」を演奏するのだ(ギターの腕はイマイチのようだが)。そして娘のモリー・メイもバック・コーラスで姿を見せる。2人とも親父に似てルックス抜群!
他にも再結成ハンブル・パイのボビー・テンチ(2期ベック)、再結成スモール・フェイセスのリック・ウィルス(フォリナー)、ジョン・ラビット・バンドリック(フリー/ザ・フー)、リンゴ・スターの息子ザック・スターキー(ザ・フー)、ボンゾの妹デビー・ボーナム(歌うまい!)といった面々が続々登場する。
これはスモール・フェイセス、ハンブル・パイのファンには涙なくして見ることのできないコンサート映像だろう。スティーヴへの思い入れが強いファンには彼の不在が際立ち、今更のように寂しさも募るのだが。

 

※1000枚限定ということだが、まだ在庫があるってことはあんまり売れてないのかな?